Home » 来島会の経営理念

来島会の経営理念

1) 経営の上にも社会福祉法人の公益性の追求
2) 利用者の利益第一
3) サービスの質の確保
4) 家族や地域を含めた総合的な支援
5) 多様な社会福祉関連事業の実施
6) 社会福祉に関わるマンパワーの養成や福祉教育推進への協力

 

社会福祉法人来島会の経営方針

1) 社会保障制度は国民にとって最も大切なセーフティーネットであることの自覚をもつと共に、そのなかで国が示した最低基準を尊重するも、おぼれる事なく常により良い支援システムを求めて利用者第一の考え方で利用者支援に努める。

2) 障害者(児)の療育については、安心して子供を生み育てることができるよう、法人所有の施設及び機能を十二分に活用して子育て支援を行うと共に、人生のライフステージ全般にわたって総合的な支援ができるよう努める。

3) 障害者の地域での自立や自活についても法人自ら努力することはもとより、障害者の雇用環境が改善されるよう地域の関係機関とも連携を図り地域への移行が促進されるよう努める。

4) 多様な社会福祉関連事業を実施し、障害の有無にかかわらず、個人の能力が十分発揮できるよう社会環境の整備に努めると共に、利用者利益の視点に立った効率的な福祉サービスを提供する。

5) 利用者の生命や安全を守るため医療機関他とも十分連携をはかり支援する。

6) 地域での支援の充実を図るため、地方自治体、教育関係者、社会福祉法人、NPO、ボランティアなど様々な主体との連携の強化を図る。

7) 法人各施設の経営及び各種事業の運営にあたって。

1. 利用者及び保護者から、最大の信頼が得られるよう努める。
2. 経営や運営における透明性確保。
3. 地域の方々の理解が得られるよう努める。
4. 全職員は互いに協力して利用者支援に取り組む。
5. 徹底して無駄を省き、最小の予算で最大の効果が得られるよう努める。
6. 支援方法や経営・運営に関して疑問を感じた事については、各種委員会において積極的に提言するか又は上司(必要な場合、理事長に報告する)に報告すると共に、改善の必要性がある場合は、早急に全職員協力し改善するよう努める。
7. 利用者のより良い支援を実現するため、職員は相互に協力しながら、それぞれが持つ能力を最大限に発揮して支援にあたらなければならない。
8. 各種の支援プログラムを研究すると共に、本法人による、有効かつ、他の範となるべき独自の支援プログラムの開発に努力すると共に、あらゆる機会を通じて情報発信する。

Copyright© 2010 社会福祉法人 来島会 All Rights Reserved.